清の朋先生

できなくても

できなくても、何だかもいいからやってみましょう。できないのはホンマではなく、ただこぶしが動いていないだけ。
そんなことが多いので、最近ではぼんやりのんびりもいいからこぶしを移すようにしています。
それが非能率の時もあります。ただし。いつも効率的なことは滅多にありません。
それなら、効率的なことはほとんど考えないで、たまには非能率なことを選んで見る。
そうして、その非能率なプロセスから効率的なことを導き出して見る。それが今後のプロセスに影響するのです。
即時は効率的なことができないかもしれません。ただし、効率的なことを追求するには長々やってみるのも大事です。
即時成績を欲するばかりではなく、将来のために此度を見切る要点も大事だと言うことですね。
その心機一転ができるようになると、迂回が物すごくなくなります。急がば回れですね。
それが分かっていても相当行えることではありません。さて、今日も迂回をとおってみますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です